KASUYA税理士法人

税計算シミュレーション

KASUYA税理士法人のホームページはこちらから
えんまん事業承継のホームページはこちらから

(1)財産を贈与で移転した場合の税負担と相続で移転した場合の税負担の比較

【ご利用にあたって】
・贈与税と相続税の税負担率を比較をすることで、相続発生以前に、被相続人の財産を次世代への
 移転コストの軽減目安を確認するものです。!
・被相続人の財産を次世代へ相続開始前に移転することは、被相続人の生活用財産が減少することでもありますので
 慎重なご判断が必要です。!
・このシュミレーションの結果で、利用者の贈与を促すためのものでもなく、その結果を保証するものでもありません。!
■贈与等の実行にあたっては、税理士等にご相談下さい。!
ご利用にあたってに同意します。

(2)配偶者居住権等の評価計算

【ご利用にあたって】
・「配偶者居住権等の評価明細書」及び「配偶者居住権等の評価に関する質疑応答事例」
  (令和2年7月 国税庁)を参考にして、作成しています。
・このソフトは、配偶者居住権等の相続税評価額を算出するためのシュミレーションソフトです。
  下記の□の箇所に、必要事項を入力することで、
   ①配偶者居住権の価額、②居住建物の価額、③敷地利用権の価額、④居住建物の敷地の価額
  を自動的に算出します。
・配偶者居住権は、その設定以降、配偶者の終身または一定期間、配偶者が居住することができる権利ですが
  その権利の価額は、その期間等により低減する性質を持った権利です。
・このシュミレーションソフトは、配偶者居住権を設定した場合に相続税の負担に影響を及ぼすため
 その参考情報として計算したものです。
・このシュミレーションソフトの結果は、利用される方の相続税の財産評価を保証するものでは有りません。
  配偶者居住権の設定に当たっては、税理士や弁護士、司法書士等の専門家に相談してください。
・この計算結果を利用者の相続税申告にあたり、配偶者居住権の評価額の
  計算に利用されても、その評価額の当否を保証するものでは有りません。
・配偶者居住権等を設定した場合の将来の負担額のシュミレーションについては、ホームページのブログに掲載をしていきます。
  また、その解説も、載せる予定ですので参考にして下さい。
■この配偶者居住権を利用した相続対策のご相談についても、KASUYA税理士法人でも承まわっておりますが
  ご近所の税理士等にご相談下さい。
ご利用にあたってに同意します。